DIYnom’s blog

無ければ作ればいい

また治具作ってみた<前編>

【今回の治具

最近私の作製ネタで多い「治具」。自分用以外に依頼物も無い。

でも、何か作りたい。だったら、今のうち今後の為に治具を作ろう。

こんな安易な発想が最近の治具作りが多い理由です。

言い訳が済みましたので、今回作るのは、「サークルカット治具です。

 

サークルカット治具

簡単に言うと、「円」をくり抜く「コンパス」です。

使う工具は、「トリマー」、材料は「端材」、新たな経費は「110円」。

果たしてうまく作れるのか?毎回の不安を抱えてスタートです。

 

【材料は端材】

今回の材料

これくらいを予定しています

<端材リスト>

  1. 5.5㎜のベニヤ板
  2. ファルカタ材300㎜の端材×3本(幅は近いがバラバラ、厚みは同じ)
  3. ファルカタ材100㎜くらいの端材×1本
  4. 六角レンチ×1本(2.5㎜)
  5. その他画像にはありませんが、ビス、M4鬼目ナット、M4蝶ネジ

※透明のトリマーベースプレートは型取り用。最後に取り付けます。

 

【作業開始】

プレートの型取り

センター一発でビス位置を決めておく

この工具はとても便利。コスパも最高ですね。必需品です。

 

中心線を引く

仮合わせでイメージの確認

この時点では、何も固定していません。位置決めだけです。

この後、穴開け加工、ビス止めなどを行います。

 

トリマーの刃とプレートの位置に穴開け加工

プレートのビス止めは裏側からビス止めするので、裏面を皿取します。

この工具は「ampin」さんお勧めで即購入。凄く便利です。

 

【トリマーで加工】

コンパスの針の部分がスライドするために通路を作ります。

位置を合わせて加工します

トリマーテーブルの便利さを改めて感じました。ミス無く綺麗に加工成功。

今回も大活躍

メモリ付きのマスキングテープです。これもコスパ最高です。便利です。

 

 

裏面を加工します

研磨してテープを貼ります

表面のザラツキをヤスリで無くして、テープが剝れない様に圧着ローラーで

コロコロします。

だいぶ出来て来ました。しかし、このまま順調には今回も行きませんでした。

大した問題ではありませんが、次回に持ち越します。

残りの作業は・・・

  1. コンパスの針になる部分の加工
  2. ストッパーの作製、固定
  3. 動作確認で問題無ければ完成

と大きな工程としては3つですが、次回に続きます。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

 

ということで、本日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

読者の皆様のコメントをお待ちしております。 


コメント欄はかなり下の方になります。

それでは、また次回。