DIYnom’s blog

無ければ作ればいい

 本サイトはプロモーションが含まれています

節約DIY⑱ 留切り治具

【今回は治具

使わない治具が多くて邪魔だ、と言う話をした直後に治具を作る?

何で?バカなの?と思われる方も多いと思いますが、今回は今後も使うことが

確定と私が判断したので、作ることにしました。

 

【何故かズレる】

少し前になりますが、ピーちゃんが亡くなった後に思い出として

フォトフレームを端材で作りました。その時に作り方として、額縁の様に

角を45度にカット(留切り)して90度に貼り合わせるやり方です。

貼り合わせる4枚とも、ちゃんと45度で切りましたが4枚全てを

貼り合わせると、必ず最後の角に隙間が出来て合いません。

 

diynom.hatenablog.com

 

【ここで問題です】

【問題】私は4枚の板の端を全て45度で切りました。この状態でボンドで

4枚の端を貼り合わせると、全て90度になり4角形が出来るはずですが、

どんな順番、組み合わせでも必ず最後の1か所は隙間が空きます。

それは何故でしょうか?(※私の技術ではありません)

 

【早くも解答】

正解は・・・

私が加工してる材料は、「木材」です。木材には「繊維」があります。

木材を切った時点で、長さが異なる場合長い方へ引っ張られる特徴が

あります。45度で切っているので、長さが異なり木材が引っ張られ、

見た目では分かりませんが、「反り」が発生します。

これがズレる原因です。正解できましたか?

 

【解決策として】

この問題に対する方法は沢山あります。

  1. 敢えて45度でカットして、研磨して調整
  2. 45度では無く、44.9度に合わせてカットする
  3. 貼り合わせた合計が90度にする
  4. その他多数

今回は、「3」を選択して治具を作ります。

 

【もちろん】

使うのは、「端材」です。前回片付けをしたことで在庫が明確です。

今回の主役は板2枚です

今回の作製で使用するのは、画像の通り、ベースとなる板1枚と、45度に

合わせるための板1枚のみで作ります。(固定用のビス4本も使います)

 

45度に合わせて仮固定します

本当は、固定してから中心に切り込みを入れるはずでしたが、我慢できずに

先に切り込みを入れてしまいました。(単に間違えました)

 

スライド丸鋸で45度で切り落とします

カットしたら、1度外して反対側も同様にカットします。

 

反対側も同様にカットします

直角を入念に確認して、2枚とも固定します。

 

これで治具の作製は完成です。

この治具で本当に隙間が出来ないで貼り合わせることが出来るのか?

何故、隙間が出来ないのか?その理由も考えてみてください。

 

【使い方】

ヒントは、上記の「解決策」の中にあります。

45度に切ると繊維の特性上反りが発生してしまうので、解決策として

合計が90度になれば、直角になりますよね。

 前回の片付けで纏めた「すのこ」の端材を確認用に使ってみます。

纏めて同じサイズにカット

4枚とも同じ大きさにカットしたら、ここからが実験開始です。

 

治具の左側を①、右側を②として4枚とも向きを確認して①、②を1セットと

してカットします。そして、全ての角を①+②で貼り合わせます。

 

①+②で貼り合わせます

①+②=90度になりました

ピッタリです。このやり方を知っていれば、前回もズレずに出来たのに・・・

と後悔しています。致命的なズレでは無いのと、塗装したら目立たなくなった

ので、これはこれでそのまま使います。

前回作製したフレーム(少しズレている)

 

【今後が楽】

今回の治具の精度が良かったので、今後フォトスタンドや額縁を作るのが

とても楽になりました。あとはこの治具を使って何かを作りたいですね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

 

ということで、本日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

読者の皆様のコメントをお待ちしております。

 

コメント欄はかなり下の方になります。

それでは、また次回。