DIYnom’s blog

無ければ作ればいい

 本サイトはプロモーションが含まれています

節約DIY⑮ 丸鋸を加工

【1度は断念】

前回のテーブルソーを作ろうと思った時に使う予定であった丸鋸が

部品が無くて固定出来ないと言う想定外な問題発生で違う丸鋸で作製しました。

しかし、モーターは問題無く動くので処分するには勿体無い。

そこで、貧乏性の私はこれを違うやり方で使いたいと思います。

諦めないで!(真矢みき登場?)

 

【スペック】

何年前のものかも分からない化石のような丸鋸ですが、今使用している

モデルより刃の径が大きいのと、100Vのコード式で重たい。

当時は知識も無いからか?木材以外にも釘程度なら金属も切ることが出来る

刃が標準装着のモデルです。

これを無駄にしないで使うことにします

使い方は、本来の丸鋸の使い方では無く、「裁断機」として使います。

金属も切れるので、寸切りボルトやアングルなどの金属を切るために

固定台を作ってみます。

 

【再利用】

工具も端材も再利用です。これぞ、「節約DIY」ですね。

完成イメージはこんな感じです

前後を台座に固定して、中は刃の調整が出来ないため、最大の深さまで

切り込みますので、端材を入れて固定します。

 

鉄工ドリルで穴を開けてビス止めします

これで、先ずは台座としている端材への固定が前後終了しました。

 

中に入れて刃入れも行います

端材をピッタリサイズにカットして、両サイドからビス止め。

更に、刃入れを行えば完成です。

 

刃入れも無事終了

この溝の位置に墨線を合わせれば希望の寸法にカット出来るはずです。

刃入れを行ったことで、より安定しました。これは重いので、

トリマーテーブル2号機がいた場所に収納することにします。

 

これで終了です

これで、今まで気になっていたこと、何とかしたいと思っていたことが

全て解消出来ました。また新たな問題や気になることは出てくると思います。

狭い作業場の広さに変更はありませんが、片付いたことで広くなった気がします。

如何に今までが無駄が多かったと言うことを気付かされました。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ

 

ということで、本日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

読者の皆様のコメントをお待ちしております。

 

コメント欄はかなり下の方になります。

それでは、また次回。